2012年05月23日

Lyre☆ミニコンサート

DSC_0594.JPG

5月23日(水)19:00から、賛美グループLyre(リラ)のミニコンサートが行われました。
茨城、神奈川、新潟、そしてフィリピンと普段生活している場所がバラバラなLyreのみなさん。
年にわずか数回のレコーディングとミニコンサートの時しか集まることができないそうです。
そのわずか数回が郡山! という希少な機会でした。

この日、約1年ぶりに声を合わせたのだそうです。
1年ぶりと言わなければ全然分からない素敵な歌声でした。

曲の合間合間のお話も、胸を打つお話でした。

ある宣教師の先生の体験談…
海外にいたとき、いっしょに働いていた宣教師の先生が突然交通事故で亡くなってしまったり、病気で亡くなってしまったりしたのだそうです。神様がいるのになんで? 祈っているのになんで? そんな気持ちがわき上がってきたのだそうです。

そんな思いの中で作った賛美もあるのだそうです。

聖書を読みながら、祈りながら、賛美しながら、毎日の生活を過ごしていたときに、神様の計画は人間の思いから越えたところにあること、神様は絶えず私たちに目を注ぎ愛を注いでくださっていることが、少しずつ感じるようになっていったそうです。

いつも一緒にいる人が今日もまた一緒にいることは、当たり前のことではなくて、それも神様が作ってくださっている恵みなのかもしれませんね。まずは、日々、神様が与えてくれていることやものを思い出して、感謝して歩みたいと思います。

礼拝堂の後ろにはパイプいすが並べられるほどたくさんの方においでいただきました。
おいでいただきありがとうございました!
posted by コスモス at 22:15| 日記

2012年05月20日

水曜日、「賛美の夕べ」にぜひおいでください。

DSC_0589.JPG

今週の水曜日(23日)にはLyre(リラ)さんをお招きしての、「賛美の夕べ」を行うことになりました。

Lyreさんは、キリスト教音楽・ゴスペルの歌手グループです。
現メンバーの元となる東京基督教大学の学生4人が、自分たちの賛美をテープに録音したことが始まりで、その後、周囲の勧めに従って発売したアルバムCDにより、全国的にその歌が知られることになりました。卒業後のメンバーは、全国や国外に散り散りになっているので、録音やコンサートなどの時を除いて全員が揃うことは極めて少ないです。
そのLyreさんが郡山に来てくださることになりました。希少な機会です! ぜひいらしてくださいね。

春にコスモス通り教会の子どもたちが、沖縄でLyreのメンバーのお一人とお会いする機会があり、それが縁になって、「今度東北で歌う機会があればぜひ郡山で」と言ってくださったのだそうです。

このような機会に感謝です。
水曜日をお楽しみに!

下記のホームページもご参照ください。

http://ja.wikipedia.org/wiki/Lyre
Lyreさんのプロフィール@ウィキペディアより

http://www.sakaeshalom.org/lyre/
Lyreさんの公式ホームページです
posted by コスモス at 07:55| 日記

2012年05月11日

仮設訪問(5月)

5月10日(木)、緑ヶ丘の仮設住宅へ行って参りました。
最近にかけて天気が荒れもようだったのが心配でしたが、幸い雨は降らずに
晴れ間が見えるまでに回復しました。

20120510_仮設A.jpg

今回も、みなさんと一緒に歌うひと時を持てました。
童謡や歌集の歌、そして富岡町の歌などを一緒に歌いました。
また、マッサージコーナーや駄菓子コーナーも行われご好評のようでした。

今回は、仮設支援の為に今まで物資などを送って下さったり様々な形で活動を支えてくださった全国各地の教会の方々が一部代表して来てくださいました。今まで仮設支援を続けて来られているのも、今回来てくださった方を含め教会の皆様の支援があってこそです。この場をお借りして、働きに改めて感謝いたします。

次回は、6月28日(木)を予定しております。
posted by コスモス at 23:24| 日記

2012年04月08日

Happy Easter!

DSC_0547.JPG
4月8日(日)はイースター礼拝が行われました。
たくさんの方と礼拝の時間を過ごせましたことを感謝いたします!

DSC_0548.JPG
トーンチャイムクワイアによる特別賛美も行われました。

DSC_0549.JPG
食事中には、先週まで沖縄でお世話になっていた子どもたちの報告会がありました。
子どもたちは目を輝かせて賛美を歌い、報告をしてくれました。
沖縄バプテスト連盟のみなさん、お世話になりました!

DSC_0550.JPG
恒例になっている教会学校教師会の朗読劇です。
今回は「イエスキリストの生涯」がテーマでした。

去年は大震災があり、じっくりとイースターの時間を過ごすことができませんでしたが、
今年は6日(金)正午〜7日(土)正午まで、“24時間連鎖祈祷”も2年ぶりに行うことができ、
様々なプログラムを豊かに行うことができました。

イースターに合わせて、コスモス通り教会に全国の教会からお菓子等々の差し入れがありました。
大震災から1年…ニュースなどではずいぶん報道が少なくなってきていますが、
続けて覚えてくださっていることにも感謝いたします。
この場をお借りしまして御礼申し上げます。ありがとうございました。

posted by コスモス at 17:53| 日記

2012年03月29日

イースターをご一緒に☆

DSC_0532.JPG

DSC_0530.JPG

4月8日(日)はイースター礼拝・祝会があります。
恒例になっている“たまご探し”も行います。
“たまご探し”とは…
教会内のあちこちに隠されているたまご形のカードをみんなで探します。
カードと引き替えにゆでたまごがもらえます。
子どもたちも大人も、みんな真剣に?探します(^^)

楽しいですよ!
ぜひおいでください!

2012年イースター特別集会 

タイトル「失意の帰り道で」
メッセージ 鈴木牧人牧師
日時 4月8日(日) 11:00~
13:00〜14:00には毎年恒例のたまご探し・祝会があります。

写真は今年のイースターへどうぞ!という絵ハガキと集会日程が書かれたシールです。
この絵ハガキはコスモス通り教会の鈴木牧人牧師が描いたものです。

posted by コスモス at 15:50| 日記

2012年03月27日

めんそ〜れ☆

.facebook_1040087959.jpg

沖縄に行っている子どもたちの様子です。
昨日も郡山は雪が舞っていました。
雪が舞っているところから、さんさんキラキラ暖かいところに。
いっぱい出会って、いろいろな体験をしてくださいね(^^)
posted by コスモス at 06:26| 日記

2012年03月25日

年度末を迎えて

今日は2011年度最後の礼拝でした。

東日本大震災から1年。子どもたちもいろいろなことと向き合いいろいろなことを経験してきました。

去年のこの時期は避難していた子どもたちもいましたね…。
今でも、外で自由に遊べない日が続いています。以前は礼拝の後で、教会前の公園で遊ぶこともありました…。
市内の公園や公共施設には空間線量マイクロシーベルトを示す電光掲示板が立っているところもあります。

そんな1年間がんばってきたこどもたちに“がんばったで賞”をプレゼント。

みんな、賞状とプレゼントを手にしました。

DSC_0527.JPG


今は学校は春休みです。

小学生の子どもたちは、これから沖縄バプテスト連盟からのご招待を受けて、キャンプに出かけてきます。

沖縄のみなさんありがとうございます!

みんな、気をつけて行ってきてね(^_^)/~
posted by コスモス at 16:40| 日記

2012年03月21日

幼い子どもへの祝福〜献児式〜

3月18日(日)には、“献児式”が行われました。
神社で行っている“お宮参り”のようなもので、キリスト教会では“献児式”といい、子どもが神様によって育まれるようにと願いを込めて、牧師は赤ちゃんの頭に手を置き、礼拝に出席しているみなさんもともに神様へと祈ります。

DSC_0515.JPG

3月18日(日)の礼拝のメッセージは「幼子のようになりなさい(ルカによる福音書18章から)」でした。
新しい赤ちゃんが来るから、というわけではありません。
毎週の礼拝では、現在“ルカによる福音書”を少しずつ順番に読み、牧師からメッセージをいただいているのですが、順番に読んでいったら、偶然、献児式の日にこの箇所が順番に回ってきたという訳なのです。不思議ですね。

イエスキリストの弟子たちは、イエスキリストに触れてもらおうと幼子を連れてきた人たちを叱ります。しかし、イエスキリストは逆に幼子を呼び寄せたのです。そして「子どもたちを私のところに来させなさい。妨げてはならない。」と言います。イエス様は子どもたちを喜んで迎えてくださるんですね。純粋な子どもたちのように、飾られないありのままの姿でも受け止めてくださるということです。

社会の中では「成長しなさい」「がんばりなさい」「がまんしなさい」と大人になることを必要以上に迫られていることも少なくないのではないでしょうか。しかし、時には“幼子”のように、感情の任せるままに「泣いたり」「はしゃいだり」することも必要なのかもしれません。また、大人は時にいろいろ余計なことを考えてしまって、聖書の言葉を素直に聞けないこともあります。子どもの素直さを見習わないとならないのかな、と思いました。

posted by コスモス at 07:00| 日記

2012年03月15日

3月の仮設訪問(予告)

DSC_0510.JPG

3月22日(木)に郡山市・緑が丘仮設住宅を訪問する予定です(^^)

今回も暖かいお茶やコーヒーなどをお持ちしてお伺いします。

また、“みんなで歌おう!”のコーナーも行います。

今回は、佐賀県・鳥栖教会の野中宏樹先生がギターを弾いてくださいます。

どうぞ、よろしくお願いいたします!
posted by コスモス at 12:16| 日記

2012年03月13日

東日本大震災から1年

3月11日(日)は東日本大震災を覚える礼拝を行いました。

DSC_0503.JPG
戦時中に広島で被爆体験をされた吉原美玲子さん(日本バプテスト 広島教会員・“すべての原発いますぐなくそう!”全国会議 ヒロシマ 呼びかけ人)の証をお聞きしました。

DSC_0502.JPG
そして、テーブルに置かれたキャンドルに灯をともし、祈りを捧げました。

DSC_0505.JPG

祈りはA4の用紙2枚にあらかじめ書かれた祈りの文ですが、全国にある約330の日本バプテスト連盟の教会・伝道所でも礼拝等で同じ文章をお祈りして、北は北海道、南は沖縄にある教会まで祈りを合わせています。

この1年に起こった出来事、出会った方々、励まし支えていただいたことなどを思いだしながら“祈りの文”を準備していったそうですが、だんだんだんだんのびていって、A4用紙2枚分になっていったそうです。

全国のそれぞれの教会で東日本大震災に関連するボランティアや支援をしてくださっています。
“祈りの文”の祈りには、それぞれの教会で出会ったり関わったりしたみなさんのことももちろん加えられていることでしょう。

東日本大震災によって起きてしまった災害、東京電力福島第一原発の事故に伴う放射能問題、まだ解決してはいません。
この祈りを携えながら、また新たな1年に踏み出していきたいと思います。

そして、少しずつ前へと歩んでいきたいと思います。
教会のみなさんと。
地域のみなさんと。
被災されたみなさんと。
支えてくださっている全国のみなさんと。
祈りとともに。
posted by コスモス at 13:32| 日記