2013年07月14日

礼拝いろいろ、お話いろいろ

DSC_0386.JPG

今日7月14日(日)の礼拝は、教会員によるメッセージでした。
旧約聖書のダニエル書というところから、神様ってどんな方なのかを語ってくださいました。

今日メッセージをされた方は、ペープサートを使って、ダニエル書のお話を分かりやすく解説し、
神様についてお話ししてくださいました。

火の中を歩かされてもやけど一つ負わず、猛獣のいる洞穴に投げ込まれても傷一つ負いませんでした。
仕えていた王様の夢をピタリと言い当てました。
そこにはいっしょに、主なる神様だけを信頼し、祈り、賛美をしていた様子も書かれています。
素直に神様を信頼することの大切さ、また、そうすれば神様が応えてくださるということを学びました。


また、先日メッセージをされた別の教会員の方は、メッセージの途中でギターを演奏し、
自分の心に残っている賛美歌を弾き語りで歌ってくださいました。

メッセージの形はいろいろ、さまざまです。
教会に来るようになったきっかけや、神様を信じるようになった経過もいろいろ、さまざまです。
ぜひ、お話を聞きにおいでいただければと思います。
十人十色と言いますが、10人いれば10通りのストーリーがありますよ。

でも、主なる神様を信じるようになり、教会に通うようになるという事実は同じなんですよね。
不思議ですね。
posted by コスモス at 15:54| 日記