2012年11月17日

子どもたちを覚える礼拝で

11月11日(日)は子どもたちを覚える礼拝が行われました。

七五三では、子どもたちのこれまでの成長に感謝し、これからの成長を祈るわけですが、
教会でも、同じようにこれまでの成長とこれからの成長を願って、礼拝に出席されたみなさんとともにお祈りをします。

毎年、一般的に行われている七五三の時期と同じように、11月ころに行われています。

DSC_0152.JPG

まず、教会学校の先生から子どもたちに向けたメッセージがありました。
私たち一人一人は種のようなものです。
道ばたや石ころの上や雑草が生い茂る荒れ地に蒔かれては伸びていくことができません。
よい地に蒔かれることによって、芽を出し伸びていくことができます。
物質的・物理的にもですが、精神的にもよい環境の中で、子どもたちが、心も体も、すくすくと、のびのびと、成長することを願うばかりです。

FB_IMG_13526003035948510.jpg

牧師先生にお名前を呼ばれて、一人一人に向けてお祈りをしていただきました。
最後に、記念のプレゼントをもらいました。

また1年間元気に過ごしていけるといいですね!
posted by コスモス at 05:58| 日記